交通事故の下肢障害

交通事故において何らかの怪我を負ってしまい、その怪我が治療を受けても完全には治らずに後遺症が残ってしまったという場合、それは賠償金額の上乗せの可能性がある後遺障害と認定されるかもしれません。

後遺障害後遺障害とは後遺症の中でも自賠責基準の等級に指定される程度の症状の事で、当該認定を受けた場合は加害者側保険会社などから支払われる補償金に等級に応じた金額が加算される事になります。この後遺障害は、交通事故との因果関係がある事・医学的に証明のできる症状である事・医師の症状固定を受けている事・労働能力の損失を認められるか否か・という点をポイントにしています。後遺障害認定される症状は多数あり、重い物ですと脊椎損傷による四肢の麻痺、第一腰椎破裂骨折による下肢不全対麻痺、軽めの物で大腿骨骨折による骨盤変形や下肢痛などがあげられます。これらの症状が後遺症認定されるためには、医師のカルテなど様々な書類が必要となり手続きも煩雑になるため、詳しい知識を持つ弁護士に頼るのが良いでしょう。

このページではこれらの後遺障害として認定される可能性のある症状の内、特に下肢の機能障害についてどのような種類があるのか、という点について説明します。今後、もしも交通事故に巻き込まれた時の事を考えて備えとして知っておく事や、交通事故がこのような症状を背負う事になるかもしれない危険なものであるという事を再認識するために活用してください。

Pocket

Comments are closed.